【完全版】ドコモからソフトバンクへ自分で乗り換えする手順

ドコモからソフトバンク

ドコモからソフトバンクへ自分で乗り換えする手順は下記の通りです

ソフトバンクに合うスマホ端末を用意する(SIMサイズも確認)

楽天モバイルに合うスマホ端末

ソフトバンクのSIMを使いたい場合、差し込むスマホ端末がソフトバンクに合わなければなりません。これは、ソフトバンクの動作確認端末ページで確認することが出来ます。

ソフトバンクの動作可能端末一覧

 

注意:スマホ端末によっては、SIMロックの解除を行う

SIMロックのかかったスマートフォン

キャリア携帯(ドコモ・au・ソフトバンク)では、他社に顧客を取られないようスマホ端末にSIMロックを行っていました。よって、ドコモショップなど購入したiPhoneなどにはSIMロックがかかっている可能性があります。この場合、SIMロックを解除する必要があります。

 

SIMロック解除が必要な機種・解除方法は、ドコモ公式サイトに記載がある

ドコモ公式サイト

SIMロック解除が必要な機種は下記で確認出来ます。

SIMロック解除の手続き(ドコモ公式サイト)

ドコモのSIMロック解除の手続き

SIMロック解除方法は、購入した時期によって違います。下記を参考にして下さい。

不明点がある場合

よく分からなければ、必要書類を揃えて最寄りのドコモショップに行くか、電話をかけて聞いた方が早いです

最寄りのドコモショップを探す

 

 

ドコモでMNP予約番号を取得する(15日間有効)

MNPの案内

ドコモからMNP予約番号を取得するには、

  • パソコン(インターネット)
  • 電話
  • ドコモショップ

で可能です。詳細は下記の記載されています。

携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法(ドコモ公式サイト)

なお、MNP予約番号は10桁の数字です。このMNP予約番号は15日間有効で、この15日間以内に以降でお伝えする下記2つを行う必要があります

  • ソフトバンクのSIM購入(購入時にMNP予約番号が必要となる)
  • ソフトバンクのAPN設定(設定することでドコモが解約される)

 

 

ソフトバンクのSIM(USIM)*を公式サイトで注文する

*SIMとUSIMは呼び方が異なるだけで同じです。

ソフトバンク

ソフトバンクは店舗よりWEBキャンペーンで注文すると割安になるケースがあります

ソフトバンクのキャンペーン情報
ソフトバンクのSIM購入ページ

なおソフトバンクのSIM注文時には下記の4つが必要です。

  • 本人確認書類(運転免許証などの画像)
  • ドコモで取得したMNP予約番号
  • IMEI番号(携帯電話の製造番号)・・・IMEI番号の確認方法はこちら
  • クレジットカードなど(支払いの為)

滞りなければ、SIMが数日程度で届きます。なお、SIMカード交換不要のeSIMに対応した端末であれば、eSIMを注文することでSIMカードの到着を待つことなく先に進むことができます。一部のiPhoneとGoogle端末がeSIMに対応しています。

eSIM 動作確認済み機種一覧 | ソフトバンク

 

 

端末内にあるデータを移行する準備をしておく

同じスマホを引き続き使うのであればこの作業は不要です。)

電話帳を移行する準備をする。

データ移行

電話帳のデータの保存先は、

  • iPhoneであれば、iCloud(Apple社)
  • Androidであれば、Googleアカウント(Google社)かスマホ本体(SDカード)

となっています。iCould、Googleアカウントに情報があれば、ユーザーIDとパスワードで新しいスマホ端末でも復元できます。

 

SDカード

Androidでスマホ本体(SDカード)に電話帳情報があるのであれば、SDカードでデータを移すことになります。なお、自分で紙にメモし再度登録するなどでもOKです。

 

写真・画像・音声ファイルを移行する準備をする

クラウドストレージ

スマホ本体にある写真・画像・音声ファイルは、SDカードに保存しておきます。または、クラウドストレージ(iCould、Google Drive、Dropbox・・・など)にアップロードしておきます。

 

ソフトバンクのSIMが届いたら、LINEの引き継ぎの準備をする

LINEの引継ぎ

LINEの引継ぎは、登録時の違いなどでやり方が異なります。

  • メールアドレスとパスワードで登録した人
  • Facebookで登録した人
  • (電話番号を変更する人)

これら詳細は、下記を参考にして下さい。

機種変更、LINEアカウントの引き継ぎ方法を徹底解説!

 

 

ソフトバンクのAPN設定をする(≒ドコモが解約される)

格安SIM

スマホ端末がAndroidのケースと、iPhoneのケースでAPN設定方法が異なります。なお、この設定が成功した時点で、ドコモとの契約が自動的に解約されたことになります。

 

スマホ端末がAndroidの場合

Android端末

APN設定の大まかな流れは、下記の通りです。

  1. 使う予定のスマホ端末にソフトバンクのSIMを挿入して、電源を入れる。
  2. スマホ端末「設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント」にてAPN情報を設定する。
  3. 数分後、スマホ端末で通話およびデータ通信可能か確認する。

注文時に選んだ [USIM] [eSIM] で設定が異なります。詳細は下記を参考にして下さい。

USIMのAPN設定方法(Android OS 端末)
eSIMの設定方法(Android OS 端末)

 

スマホ端末がiPhoneの場合

iPhone端末

注文時に選んだ [USIM] [eSIM] で設定が異なります。詳細は下記を参考にして下さい。

USIMのAPN設定方法(iPhone OS 端末)
eSIMの設定方法(iPhone OS 端末)

 

 

不要になったドコモのSIMを返却するか?否か?は自由

ドコモ公式サイト

不要になったドコモのSIMは返却するよう記載はありません。特に返却する必要はなさそうです。

ドコモUIMカード/ドコモeSIMカードについて

本来であればSIMは返却義務があるはずですが、実質は回収を要求される事はまずありません。

docomoのスマホ解約の際SIM返却義務はあるんでしょうか?

 

 

アプリのインストール・更新、データ移行を行う

ダウンロード

データ通信できるようになれば、アプリのインストール・更新、クラウドストレージによるデータ移行も可能になります。

 

Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリの設定をする

ツイッター

Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリは、新しい端末でインストールして、利用していたユーザーID、パスワードでログインすればそのまま引き継ぎされます。

 

以上で終了です。お疲れ様でした!