[ワンストップ対応] LINEMOからmineoに乗り換える手順

 ワンストップ対応とは、MNP予約番号を取得する必要がない方式です。ただし2023年11月現在、ワンストップ方式に対応しているのは下記の事業者・サービスに限られています。
「NTTドコモ、ahamo、au、UQ mobile、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO、LINEモバイル、楽天モバイル、povo、日本通信、ジャパネットたかた通信サービス、mineo」
これにより乗り換え時の組み合わせでMNP予約番号取得の有無が分かれます。

LINEMOから mineoに乗り換える手順は下記の通りです

mineoに合うスマホ端末を用意する

mineoに合うスマホ端末

mineoを使いたい場合、利用予定のスマートフォンがmineoに合わなければなりません。mineoの動作確認端末ページで確認することができるので確認しましょう。

⇒ mineoの動作可能端末一覧

 

 

端末内にあるデータを移行する準備をしておく

同じスマホを引き続き使うのであればこの作業は不要です。)

電話帳を移行する準備をする

データ移行

電話帳のデータの保存先は、

  • iPhoneであれば、iCloud(Apple社)
  • Androidであれば、Googleアカウント(Google社)かスマホ本体(SDカード)

となっています。iCould、Googleアカウントに情報があれば、ユーザーIDとパスワードで新しいスマホ端末でも復元できます。

 

SDカード

Androidでスマホ本体(SDカード)に電話帳情報があるのであれば、SDカードでデータを移すことになります。なお、自分で紙にメモし再度登録するなどでもOKです。

 

画像・音声ファイルを移行する準備をする

クラウドストレージ

スマホ本体にある画像・音声ファイルは、SDカードに保存しておきます。または、クラウドストレージ(iCould、Google Drive、Dropbox・・・など)にアップロードしておきます。

 

LINEの引き継ぎの準備をする

LINEの引継ぎ

LINEの引継ぎは下記を参考にして下さい。

LINEあんぜん引き継ぎガイド

 

 

mineoで手続きする

⇒ mineoの手続きページはこちら

割引キャンペーンなどがある場合は、キャンペーンページから申し込む方がお得です。

mineoのキャンペーン情報はこちら

 

「mineoに申し込む」をクリック

mieno ワンストップ

 

「SIMのみ~」「SIMカード」を選択

mieno ワンストップ

 

「デュアルタイプ」を選択

mieno ワンストップ

 

mineoのサービスページにログイン

mineoのサービス利用の為にはeoIDが必要なので、持っていない方は作る必要があります

mieno ワンストップ

 

「現在ご利用中の~」を選択

mieno ワンストップ

 

「MNPワンストップ」を選択

mieno ワンストップ

 

「ソフトバンク」「LINEMO」を選択

mieno ワンストップ

これ以降は、案内に従えば終わります。

 

 

アプリのインストール、データ移行を行う

ダウンロード

データ通信できるようになれば、アプリのインストール・更新、クラウドストレージによるデータ移行も可能になります。

 

SNSアカウントなどはログインする

ツイッター

Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリは、新しい端末でインストールして、利用していたユーザーID、パスワードでログインすればそのまま引き継ぎされます。

 

以上で終了です。お疲れ様でした!