【完全版】ワイモバイルからIIJmioへ自分で乗り換えする手順

ワイモバイルからIIJmioへ

ワイモバイルからIIJmioへ自分で乗り換えする手順は下記の通りです

IIJmioに合うスマホ端末を用意する(SIMサイズも確認)

楽天モバイルに合うスマホ端末

IIJmioのSIMを使いたい場合、差し込むスマホ端末がIIJmioに合わなければなりません。これは、IIJmioの動作確認端末ページで確認することが出来ます。

⇒ IIJmioの動作可能端末一覧

 

注意:スマホ端末によっては、SIMロックの解除を行う

SIMロックのかかったスマートフォン

キャリア携帯(ドコモ・au・ソフトバンク)では、他社に顧客を取られないようスマホ端末にSIMロックを行っていました。ワイモバイルも例外ではありません。ワイモバイルショップで購入したスマートフォンにはSIMロックがかかっている可能性があります。この場合、SIMロックを解除する必要があります。SIMロック解除が必要な機種かどうかは下記で調べることが出来ます。

[SIMロック解除]解除ができる機種か教えてください。

 

SIMロックの解除方法は、ワイモバイル公式サイトに記載がある

ワイモバイル

SIMロック解除の解除は「My Y!mobile」または「ワイモバイルショップ」で行うことが出来ます。これらの詳細、SIMロック解除が必要な機種・解除方法は下記で確認出来ます。

⇒ [SIMロック解除]解除をするための、条件はありますか?

⇒ SIMロック解除のお手続き

 

 

ワイモバイルでMNP予約番号を取得する(15日間有効)

MNPの案内

ワイモバイルでのMNP予約番号は、My Y!mobile、電話、ワイモバイルショップのいずれかで発行することが可能です。

これら詳細は下記で確認できます。

ワイモバイルから他社へのりかえ手続き方法を教えてください。

なお、MNP予約番号は10桁の数字です。このMNP予約番号は15日間有効で、この15日間以内に以降でお伝えする下記2つを行う必要があります

  • IIJmioのSIM購入(購入時にMNP予約番号が必要となる)
  • IIJmioのAPN設定(設定することでワイモバイルが解約される)

 

 

IIJmioのSIMを公式サイトで注文する

IIJmio

IIJmioは店舗よりWEBキャンペーンで注文すると割安になるケースがあります

⇒ IIJmioのキャンペーン情報

なお、IIJmioのSIM注文時には下記の5つが必要です。

  • IIJmioのアカウント(持っていない方は登録する)
  • クレジットカードなど(支払いの為)
  • 本人確認書類(運転免許証などの画像)
  • メールアドレス(Gmailなどのフリーアドレスで可)
  • ワイモバイルで取得したMNP予約番号

滞りなければ、SIMの到着は早ければ数日、遅くても1週間前後で届きます。

 

 

端末内にあるデータを移行する準備をしておく

同じスマホを引き続き使うのであればこの作業は不要です。)

電話帳を移行する準備をする。

データ移行

電話帳のデータの保存先は、

  • iPhoneであれば、iCloud(Apple社)
  • Androidであれば、Googleアカウント(Google社)かスマホ本体(SDカード)

となっています。iCould、Googleアカウントに情報があれば、ユーザーIDとパスワードで新しいスマホ端末でも復元できます。

 

SDカード

Androidでスマホ本体(SDカード)に電話帳情報があるのであれば、SDカードでデータを移すことになります。なお、自分で紙にメモし再度登録するなどでもOKです。

 

写真・画像・音声ファイルを移行する準備をする

クラウドストレージ

スマホ本体にある写真・画像・音声ファイルは、SDカードに保存しておきます。または、クラウドストレージ(iCould、Google Drive、Dropbox・・・など)にアップロードしておきます。

 

IIJmioのSIMが届いたら、LINEの引き継ぎの準備をする

LINEの引継ぎ

LINEの引継ぎは、登録時の違いなどでやり方が異なります。

  • メールアドレスとパスワードで登録した人
  • Facebookで登録した人
  • (電話番号を変更する人)

これら詳細は、下記を参考にして下さい。

機種変更、LINEアカウントの引き継ぎ方法を徹底解説!

 

 

IIJmioのAPN設定をする(≒ワイモバイルが解約される)

格安SIM

スマホ端末がAndroidのケースと、iPhoneのケースでAPN設定方法が異なります。なお、この設定が成功した時点で、ワイモバイルとの契約が自動的に解約されたことになります。

 

スマホ端末がAndroidの場合

Android端末

APN設定の大まかな流れは、下記の通りです。

  1. 使う予定のスマホ端末にIIJmioのSIMを挿入して、電源を入れる。
  2. スマホ端末「設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント」にてAPN情報を設定する。
  3. 数分後、スマホ端末で通話およびデータ通信可能か確認する。

IIJmioのAPN情報は下記の通りです。

IIJmioのAPN設定

この詳細は下記を参考にして下さい。

⇒ 初期設定(APN設定)をしよう – Androidの場合

 

スマホ端末がiPhoneの場合

iPhone端末

  1. 使う予定のスマホ端末にIIJmioのSIMを挿入して、電源を入れる。
  2. Wifi接続をする。(Wifiによるネットワーク接続環境が必要です。)
  3. アプリ「IIJmioクーポンスイッチ」をダウンロードして起動する。
  4. アプリ「IIJmioクーポンスイッチ」で構成プロファイルをインストールする。
  5. 数分後、スマホ端末で通話およびデータ通信可能か確認する。

詳細は下記を参考にして下さい。

⇒ 初期設定(APN設定)をしよう – iOSの場合

 

 

不要になったワイモバイルのSIMを返却せずに破棄して良い

ワイモバイル

ワイモバイルのSIMの返却について、公式サイトでは下記の通り「当社にご返却ください。」とありますが、各自でハサミなどでカットし破棄しても構いません。返却しなかった際の違約金もありません。

ワイモバイルのSIMの返却

SIMカードのお取り扱い(ワイモバイル)

下記が詳しく解説されています。

⇒ YmobileはSIMカードの返却が必要?公式サイトに確認したものの・・・

 

 

アプリのインストール・更新、データ移行を行う

ダウンロード

データ通信できるようになれば、アプリのインストール・更新、クラウドストレージによるデータ移行も可能になります。

 

Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリの設定をする

ツイッター

Twitter・Facebook・Instagramなどのアプリは、新しい端末でインストールして、利用していたユーザーID、パスワードでログインすればそのまま引き継ぎされます。

 

以上で終了です。お疲れ様でした!